連立一次方程式の解法

この計算機は、次のものを使用して連立一次方程式を解きます: ガウス消去法逆行列法、 またはクレーマーの法則。 また、ルーシュ・カペッリ定理を使用して、連立一次方程式の多くの解をコンピューターで計算できます(互換性を分析)。 入力フィールドに系の係数を入力してください。方程式に参加していない変数のセルは空のままにしておいてください。 分数を入力するには、「/」:1/3を使用してください。

  • 余分なセルを空のままにしておいて非正方行列を入力してください
  • 小数(有限および循環)を使用することができます:1/3, 3.14, -1.3(56), 1.2e-4;または演算式:2/3+3*(10-4), (1+x)/y^2, 2^0.5
  • ↵ 入力, 空間, , , , を使用してセル間を移動してください
  • 結果から(またはテキスト・エディタから/テキスト・エディタに)行列をドラッグアンドドロップしてください
  • 行列ついてもっと学ぶには、ウィキペディアを使用してください。